メンヘラ

【読み方:めんへら、分類:俗語】

メンヘラは、「メンヘラー(めんへらー)」とも表記され、心的な病にかかった(患っている)人のことを意味する若者言葉(俗語)をいいます。これは、メンタルヘルス(心の健康)を略した「メンヘル」に、英語で人を意味する接尾辞「er(ラー)」を付けた合成語で、うつ病や精神病、神経症、心身症といった精神疾患や精神障害を持つ人などを指すそうです。

元々は、インターネット上の匿名掲示板の2ちゃんねるなどで、メンタルヘルスという言葉が「メンヘル」と略されるようになり、その後、それに「er(ラー)」がついて「メンヘラ」という言葉が生まれたそうです。なお、本用語は、精神疾患や精神障害などより柔らかい(ソフトな)言い方であると考える人がいる一方で、この言い方を嫌う人も多いので、実際の使用にあたっては十分に注意することが必要です。

<本用語の使用例>

・最後に付き合った彼女は、典型的なメンヘラ女だった
・誤解を恐れずに言えば、メンヘラ度がそれ程高いわけではない
・メンヘラ女子の特徴として、些細なことでも被害妄想を繰り返すという所がある