パシャる

【読み方:ぱしゃる、分類:俗語】

パシャるは、写真を撮ることをいいます。これは、カメラで撮影する際に出るシャッター音の「パシャ」に、動詞化する接尾語の「る」を付けた合成語で、通常、写真を撮る際に使われます。また、シャッター音のパシャは、カメラを表わす(象徴する)ものであり、音の出ないデジカメや携帯電話のカメラなどで撮影する場合も本用語が使われます。

今日では、ケイタイ(ガラケー)やスマホの高機能なカメラ機能により、いつでも気軽に写真を取ることができるため、日常生活において「パシャる」機会が多くなっています。