アゲアゲ

【読み方:あげあげ、分類:ギャル】

アゲアゲは、気分の盛り上がりであるテンションが高い状態を表す若者言葉(ギャル語)をいいます。元々は、クラブが発祥の用語で、気持ちが高揚して踊り出す時や、踊りたくなるような曲が流れた時などの状態を指し、2000年代前半から使われるようになりました。その後、ラジオのDJなども本用語を頻繁に使うようになり、次第に若者の間にも広まり、テンションを上げるようなもの、テンションが上がるような場面、テンションが上がっている状態などでよく使われるようになりました。

<アゲの入った用語(テンションレベル)>

●アゲアゲ・・・基本形

気分の盛り上がりであるテンションが高い状態を表す。

ブチアゲ・・・比較級

アゲアゲよりもテンションが高い状態を表す。

ブヒアゲ(ブヒブヒ)・・・最上級

ブチアゲより更にテンションが高い状態を表す。

<本用語(アゲアゲ)の使用例>

・華やかで美味しいスイーツは、気分がアゲアゲになること間違いなし
・最後にアゲアゲのナンバーで盛り上げたところでステージを後にした
・全体的にも楽しくアゲアゲな曲が多いから、聴いててテンション上がってくれたらいいなと思う