なりヤン

【読み方:なりやん、分類:俗語】

なりヤン(ナリヤン)は、若者の俗語で、「成り上がりヤンキー」や「なりきりヤンキー」のことをいいます。これは、青少年向けのヤンキー漫画で使われたのが最初だそうで、当初の意味はヤンキーに成り上がっていく「成り上がりヤンキー」でしたが、それが広まるにつれて「なりきりヤンキー」などの意味でも使われるようになったそうです。

一般になりきりヤンキーは、ヤンキーぶって偉そうに歩いたり、人に凄んでみせたりする人をいいますが、その中身は度胸も根性もないヘタレであることが多いため、実際は周りから怖がられることは少なく、むしろ嘲笑われている(バカにされている)ことの方が多いです。なお、新聞の社会面などでは、不良ぶっている(ヤンキーになりきれていない)中途半端な連中をターゲットに暴行する「なりヤン狩り」という言葉を目にすることもあります。