おくごめ

【読み方:おくごめ、分類:略語】

おくごめは、メールやLINEなどで使われる、「遅れてごめんなさい」の略語をいいます。これは、「ありござ(ありがとうございます)」などと同様、親しい仲間内で使われる若者言葉(俗語)で、その昔、携帯電話のメール打ちの際に言葉を極力簡略化する流れの中で生まれたようです。

一般に本用語(おくごめ)は、人との待ち合わせなどで時間に遅れた際にお詫びの言葉として使うもので、「遅ご」と表記されることもあります。また、実際の意思表示(謝罪の工夫)として、お詫びの言葉の後に、頭を下げている顔文字や下向きの矢印を入れることも多いです(人によって表現方法は異なる)。