Johnson & Johnson (ジョンソン・エンド・ジョンソン)

Johnson & Johnson(ジョンソン・エンド・ジョンソン)は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ニューブランズウィックに本社を置く、世界60カ国に250以上のグループ企業を有する「世界最大のトータルヘルスケアカンパニー」です。同社は、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場し、消費者向け製品、医療機器・診断薬、医薬品の分野で数万アイテムに上る製品を世界中の顧客に提供しています。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、1886年にロバート・ウッド(Robert Wood)、ジェームス・ウッド(James Wood)、エドワード・ミード(Edward Mead)のジョンソン3兄弟によって、「創傷治療のためには医師や看護師が滅菌済みの縫合糸・手術用ドレッシングや包帯を使うべきである」という、当時としては革新的なアイデアをもとに小さな医療製品の会社として創業されました。

そして、草創期にジョンソン3兄弟は、殺菌済み外科用包帯、滅菌縫合糸、応急処置具、創傷管理製品、女性用ヘルスケア製品、デンタルフロス、ベビーケア製品などの新分野の先駆者として開発に力を注ぎ、特に世界最初の市販用殺菌済み外科用包帯は、多くの患者の命を救うことに貢献しました。以来、同社は、ヘルスケアに関連する世界中のニーズに応えて世紀を超えて大きく成長し、また合併や吸収・新会社の設立を通じて、世界最大の総合ヘルスケア企業になりました。

ジョンソン・エンド・ジョンソンの「我が信条」

ジョンソン・エンド・ジョンソンの「我が信条(Our Credo)」は、世界的にも有名なクレドで、同社のたゆまない歩みの礎となり、絶えず適切な方向へと導く源泉(コア・バリュー)となってきたものです。これは、創業者であるロバート・ウッド・ジョンソンの息子で、1932年から1963年まで会長を務めたロバート・ウッド・ジョンソンJr.が起草したもので、同社の企業理念・倫理規定として、世界に広がるグループ各社・社員一人ひとりに確実に受け継がれ、現在では多くの言語に翻訳され、各国のファミリー企業においても事業運営の中核となっています。

ジョンソン・エンド・ジョンソンのブランド

ジョンソン・エンド・ジョンソンといった場合、世界最大のトータルヘルスケアカンパニーとして、企業ブランド(コーポレートブランド)が確立されています。また、日常生活の中の身近な製品においても、「BAND-AID(バンドエイド)」「Johnson's cotton buds(ジョンソン綿棒)」「REACH(リーチ)」「Listerine(薬用リステリン)」「ACUVUE(アキュビュー)」「TYLENOL(タイレノール)」など、多くのブランドが確立されています。

ジョンソン・エンド・ジョンソンの一般向け製品

|キズのケア・衛生用品

  • キズケア製品・フットケア製品(バンドエイド)
  • 綿棒(ジョンソン綿棒)

|赤ちゃん・子供のケア

  • 赤ちゃんのスキンケア(ジョンソンベビー)
  • 子供のヘアケア(ジョンソンキッズ)

|スキンケア・化粧品

  • 大人のボディケア(ジョンソンボディケア)
  • ハンド・リップケア(ニュートロジーナ)
  • 大人のスキンケア(RoC)

|オーラルケア(歯と口のケア)

  • 歯ブラシ、デンタルフロス(リーチ)
  • マウスウォッシュ(薬用リステリン)

|コンタクトレンズ

  • 使い捨てコンタクトレンズ(アキュビュー)

|OTC医薬品

  • 頭痛薬(タイレノール)
  • 禁煙補助剤(ニコレット)
  • 目薬(バイシン)
  • 鎮咳去痰薬・鼻炎用薬(アネトン)
  • 皮膚外用薬(テレス Hi)

ジョンソン・エンド・ジョンソンの日本法人の会社概要

商号 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
英文社名 Johnson & Johnson K.K.
事業内容 総合医療・健康関連用品の輸入・製造販売
本社所在地 東京都千代田区西神田3丁目5番2号
設立年月日 創業:1961年1月
設立:1978年8月
決算期 12月
上場市場 未上場
銘柄コード
備考 ・日本におけるジョンソン・エンド・ジョンソン グループは、ジョンソン・エンド・ジョンソン、オーソ・クリニカル・ダイアグノスティクス、ヤンセン ファーマの3社で構成
・ジョンソン・エンド・ジョンソンは、メディカル カンパニー、コンシューマー カンパニー、ビジョンケア カンパニーの社内3カンパニーで構成
関連タグ ヘルスケア