御意

【読み方:ぎょい、分類:概念】

御意(ぎょい)は、簡単に言えば、「お心」や「おぼしめし」で、貴人(身分・地位の高い人)や目上の人などを敬って、その考えや意向などをいいます。また、これらの人に対して、「御意のとおり」の意で、同意や肯定を示す返事(返答)の言葉としても使われます。今日では、日常的には返答としてほとんど使われませんが、ドラマや映画などの台詞では何気に使われていることがあります。

●御意に入る(御意に召す)

お気にめす、おぼしめしにかなう

●御意を得る

貴人や主君などの考えや意見を伺う、お目にかかる