村八分

【読み方:むらはちぶ、分類:概念】

村八分は、仲間はずれにすることをいいます。これは、江戸時代以降、村落で行われた制裁の一つで、規約違反などにより村の秩序(掟)を乱した者やその家族に対して、村民全体が申し合わせて、その家と絶交することに由来します。

また、八分とは、成人式(冠)、婚礼、出産、病気、建築、火事、水害、葬式、法要、旅行の十分ある村人の交際のうち、葬式と火事の消火活動の二分以外は付き合わないという意味から、のけ者にすることを言ったそうです。また、その他にも、払い除けて信用しないという意味の「撥撫(はつむ)」が転じ、「八分」になったとする説もあります。