カルボナーラ

【読み方:かるぼなーら、分類:イタリア料理/パスタ】

カルボナーラ(Carbonara)は、ベーコン・卵・チーズ・黒胡椒などを材料にソースを作って絡めたパスタ料理(イタリア料理)をいいます。元々はローマの料理で、パンチェッタ(豚のばら肉を塩漬けにして乾燥熟成させたもの)やグアンチャーレ(豚のほお肉を塩漬けにして乾燥熟成させたもの)を使い、チーズにはペコリーノ・ロマーノやパルミジャーノ・レッジャーノを使い、パスタにはスパゲッティを使うのが一般的で、これを「Spaghetti alla carbonara」といいます。また、カルボナーラ(Carbonara)とは、「炭焼き人風」といった意味で、炭焼き職人が思いついた料理だとか、仕上げに振る粗挽き黒こしょうが炭の粉のように見えることなどから、こう呼ばれるようになったそうです。

ちなみに、日本では、1980年代以降に多くできたイタリア料理店やパスタ専門店でメニューの一つとして出すようになり、その名が広く知られるようになりました。なお、日本で広まっている一般的なレシピについては、ベーコンを炒め、それに生クリーム・チーズ・卵黄・黒コショウを加えてソースとしたものであり、本場イタリアのものとは見た目も風味も異なっており、日本風のカルボナーラとなっています。