カメラ目線

【読み方:かめらめせん、分類:概念】

カメラ目線は、被写体(撮影される人)の目線がカメラを向いている様やその目線のことをいいます。これは、カメラを見る視線、カメラを意識して見る目、覗かれている方向に目線を合わせることなども意味し、一般に芸能人の場合、それを日常的に意識することは職業的に必要となっています。また、大衆人気を意識する政治家なども、会見や取材などでカメラ目線を意識することが多いです。

<本用語の使用例>

・ゴーグルを装着し、ドローンのカメラ目線で操縦する
・ワイングラスを傾けながらナチュラルなカメラ目線を向けている
演技をしながら、知らず知らずのうちにカメラ目線になってしまって、NGを出すことが何度かあった