シベリア鉄道

【読み方:しべりあてつどう、分類:鉄道】

シベリア鉄道は、ロシア国内を東西に横断する世界最長の大陸横断鉄道をいいます。これは、ロシアのシベリア南部を東西方向に横断し、欧州(ヨーロッパ・ロシア)と極東地方を結ぶ路線で、当初はウラル山脈東麓のチェリャビンスクからウラジオストクに至る7416kmでしたが、今日ではモスクワとウラジオストク間の9297kmの路線を指します。

現在、シベリア鉄道は、アジアとヨーロッパを結ぶ重要な交通路の一つで、空路を除くと最短・最速の北東アジア-欧州連絡ルートとなっています。また、昔から旅行客にも人気が高く、モスクワ―ウラジオストク間に直通する旅客列車としては「ロシア号」が隔日で一往復運転されており、所要時間は約150時間(車中6泊7日間)となっています。