十二支

【読み方:じゅうにし、分類:四柱推命

十二支は、「地支(ちし)」とも呼ばれ、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の総称をいいます。元々は、古代中国で発生した数詩(数詞)であり、時間と空間を表わすのに使用されたもので、また十干と十二支を組み合わせた60を周期とする数詞(十干十二支)を「干支」といいます。その歴史については、非常に古く、殷(いん)の甲骨文では十干と組み合わされて日付を記録するのに既に利用されており、その後、中国の戦国時代以降は、日だけでなく、年・月・時刻・方位の記述にも利用されるようになりました。

一般に十二支の各文字は、漢書の「律暦志」では、草木の成長における各相を象徴したものとされ、また四柱推命(中国由来の代表的な占術)では、地で四季が繰り返す五行の気運を表すとされています。また、各十二支には動物が割り当てられており、これを「十二生肖(じゅうにせいしょう)」や「十二属相(じゅうにぞくしょう)」と呼びます。なお、十二支は、元々は順序を表す記号であって動物とは関係がありませんでしたが、動物と組み合わせられた要因としては、人々が暦を覚えやすくするために身近な動物を割り当てたという説やバビロニア天文学の十二宮が伝播した説などがあるそうです。

現在、日本においては、十二支という言葉自体で十二生肖を指すことが多く、鼠(ね)・牛(うし)・虎(とら)・兎(う)・竜(たつ)・蛇(み)・馬(うま)・羊(ひつじ)・猿(さる)・鶏(とり)・犬(いぬ)・猪(い)とも呼ばれています。

※十二支は、中国の戦国時代に作られた陰陽五行説よりも遥かに古い起源を持つものであり、身近な陰陽五行説による説明は後付けであり、占いの道具としての設定にすぎないとのこと。

●十干(じっかん)について

天干」とも呼ばれ、元々は古代中国で発生した数詞で、時間と空間を表わすのに使用されたもので、甲(きのえ)乙(きのと)丙(ひのえ)丁(ひのと)戊(つちのえ)己(つちのと)庚(かのえ)辛(かのと)壬(みずのえ)癸(みずのと)の総称をいう。これは、陰陽五行説では、天から流れる五行(木・火・土・金・水)の気運を示すとされており、それぞれに「陽(兄:え)」と「陰(弟:と)」が割り当てられている。

●十二支(じゅうにし)について

地支」とも呼ばれ、元々は古代中国で発生した数詞で、時間と空間を表わすのに使用されたもので、子(ね)丑(うし)寅(とら)卯(う)辰(たつ)巳(み)午(うま)未(ひつじ)申(さる)酉(とり)戌(いぬ)亥(い)の総称をいう。

※十干と十二支は、中国の戦国時代に作られた陰陽五行説よりも遥かに古い起源を持つため、陰陽五行説による説明は後付けであって学問的な意味はないとのこと。

<十二支:音読み/訓読み>

:し/ね
:ちゅう/うし
:いん/とら
:ぼう/う
:しん/たつ
:し/み
:ご/うま
:び/ひつじ
:しん/さる
:ゆう/とり
:じゅつ/いぬ
:がい/い