【読み方:し/ね、分類:四柱推命

は、十二支の一つで、通常、十二支の中で第1番目に数えられるものです。また、十二支とは、「地支(ちし)」とも呼ばれ、子・の総称をいい、元々は古代中国で発生した数詩(数詞)で、時間と空間を表わすのに使用されたもので、また十干と十二支を組み合わせた60を周期とする数詞(十干十二支)は「干支」と呼ばれます。

一般に子の陰陽五行説などによる本義は「孳」で、これは陽気が色々に発現しようとする動きであり、具体的には、全ての物が核の中から顔を出しているような状態を表します。

・十二生肖(動物):鼠
・十二時辰(時刻/名称):23時-1時/夜半
・十二辰(天区):宝瓶宮
・方位:北
・月(旧暦):11月
・五行:水
・陰陽:陽