サブマネージャー

【読み方:さぶまねーじゃー、分類:役職】

サブマネージャーは、マネージャーを補佐する役職をいいます。これは、ベンチャー企業やショップ、飲食店、ホテルなどで使われており、統一的な定義は特になく、また社内での序列や区分は企業によって異なります。例えば、あるベンチャー企業では、ゼネラルマネージャー(チーフマネージャー)、マネージャー、サブマネージャー、グループリーダー、リーダーなどの序列が使われたり、またあるショップ(店舗)では、マネージャー(店長)、サブマネージャー(副店長)、リーダー、スタッフなどの序列が使われたりします。

なお、一部のブラック企業においては、入社後すぐに「サブマネージャー」という役職が付与され、社員のほぼ全員を「名ばかり管理職」にすることにより、残業代を出さないこともあります。