ホットドッグ

【英語名:Hot dog、分類:アメリカ料理】

ホットドッグは、アメリカ英語の「hot dog」に由来するもので、細長いパンに切れ目を入れ、温めたソーセージなどを挟んだものをいいます。通常、味付けはマスタードが一般的ですが、好みに応じて、トマトケチャップ、タマネギ、レリッシュ(ピクルスを細かく刻んだもの)、ザワークラウトなどが添えられます。

一般に本場の米国のホットドッグに用いられるソーセージは、太さが2~3cm、長さが12~15cmほどのフランクフルトが標準的ですが、日本では、それより細くやや長めのものが用いられることが多いです。また、その素材は、米国が牛肉または牛豚混合の絹挽きが主であるのに対して、日本では豚肉の荒挽きが使われることが多いです。ちなみに、温かいソーセージをパンに挟んで食べるという工夫は、ドイツからやってきた移民達によって伝えられたそうです。

なお、米国において、ソーセージのことを「ドッグ」と俗称で呼ぶようになったのは19世紀の中頃からで、これはフランクフルター・ソーセージがその細長い形状から「ダックスフント・ソーセージ」と呼ばれたことに由来するそうです。