竜田揚げ(立田揚げ)

【読み方:たつたあげ、分類:日本料理/揚げ物】

竜田揚げは、「立田揚げ」とも表記され、醤油や味醂などで下味をつけた肉や魚に片栗粉をまぶして油で揚げたものをいいます。これは、から揚げの一種で、揚げるものとしては、鶏肉、豚肉、鯨肉、秋刀魚(サンマ)、鰯(イワシ)、鯖(サバ)、鰆(サワラ)、鮟鱇(アンコウ)、河豚(フグ)、鰈(カレイ)、鰤(ブリ)、鮭(サケ)、鰹(カツオ)、鮪(マグロ)などがあります。

一般に本料理の語源(由来)は、醤油による肉の赤い色と衣の白い色の混ざった様子を、紅葉の名所である奈良県の北西部を流れる「竜田川」の白い波に浮かぶ紅葉に見立てたものと言われています。また、その他にも、旧日本海軍の軽巡洋艦「龍田」の司厨長が、から揚げを作る際に小麦粉が無かったため、代用として片栗粉を用いて揚げたことに由来するという説もあります。