ルビコン川を渡る

【読み方:るびこんがわをわたる、分類:故事】

ルビコン川を渡るは、後戻りのできないような重大な決断や行動をすることの喩えをいいます。これは、行動を開始した今は、ただ断行するほかはないことを喩えた「賽は投げられた」と共に知られる言葉で、古代ローマの軍人であるユリウス・カエサルが元老院に背いて軍を率いて南下し、北イタリアのルビコン川を通過したことに由来するものです。

当時、軍団を連れて、ルビコン川を越えて南下することは法により禁じられており、ルビコン川を渡ることは「共和国(ローマ)に対する重大な反逆」とみなされており、カエサルは一大決心をして「ローマの歴史」を大きく変えました。