水割り

【読み方:みずわり、分類:飲み方】

水割りは、カクテルの一種で、酒を飲料水(水)で割ったものをいいます。これは、カクテルの中で一番簡素なものの一つで、ウイスキーやブランデー、焼酎などの蒸留酒を使うことが多く、また単に水割りといった場合は「ウイスキーの水割り」を指すことが多いです。

一般に水割りは、グラスに氷を2~3個入れて酒を注ぎ、水を満たして軽くかき混ぜて作られます。また、アルコールの強弱を水の量で自由に加減できるため、各人の酒量に合わせた飲み方ができます。ちなみに、焼酎については、本格焼酎がブームとなり都会に進出するにつれて、焼酎特有の風味に馴れないこともあってか水割りが広まったそうです(レモンを添えることもあり)。