カミッテル

【読み方:かみってる、分類:ギャル】

カミッテルは、神がかって素晴らしい様のことを意味する若者言葉(ギャル語)をいいます。これは、主にギャル(女子中高生)の間で使われる用語で、その由来は、「神がかっている」が「神ってる」に略され、さらにカタカナに変換されることによって出来たそうです。

一般にカミッテルは、「マジヤバイ!」というような素晴らしい様子を表現する際に使われ、本用語は、gooの2011年版「意味を知っている今どきのギャル語ランキング」において3位に入賞しました。ちなみに、その時の1位は「あげぽよ(テンションが上がっている状態のこと)」で、2位は「とりま(「とりあえず、まあ」の略)」でした。