ずらかる

【読み方:ずらかる、分類:俗語】

ずらかるは、「ズラかる」とも記載され、逃げることや姿をくらますことをいいます。これは、元々は盗人などが隠語として使っていたもので、そのニュアンスとして、単に逃げるだけでなく、何か悪いことをして、そこから立ち去るといった意味合いも含まれています。また、今日では、その他に、学校を無断で早退する(サボる)といった意味合いで使わることもあります。

一般に本用語は、日常的には、若者の間でちょっと悪さをした時などに、「今のうちにずらかろう!」というように用いられています。

<本用語の使用例>

・見つけたぞ!よし、ずらかるにゃ!
・打ち上げとかね、すぐにずらかるんだよね
・彼は殿堂入りの式典で、賞を受け取るだけですぐにずらかった