サボる

【読み方:さぼる、分類:俗語】

サボるは、怠けることや怠けて休むことをいいます。これは、フランス語の「sabotage(サボタージュ)」が語源の俗語で、その略の「sabo(サボ)」に動詞化する接尾語の「る」を付けたものです。

一般に本用語は、日常的には、学校や会社を怠けて休むことや仕事などを怠けることを意味し、例えば、「仕事をサボる」や「学校をサボる」というように使われます。また、その歴史(語源)は意外と古く、日本において、1919年(大正5年)9月に神戸川崎造船所でサボタージュ作戦が行われて賃上げに成功したことが世間で話題となり、同年に「サボる」が流行語となり、現在に至っています。

ちなみに、原語の「sabotage」は、労働者の争議行為の一つで、労働者が団結して仕事の能率を落とし、使用者側に損害を与えて紛争の解決を迫ることなどを意味します。

<本用語の使用例>

・努力する人は夢を語り、サボる人は愚痴を語る
・2週間運動をサボると、筋力がガタ落ちするそうだ
・若い頃は、とにかくナマケ者で、サボることばかり考えていた