切手

【読み方:きって、分類:通信

切手は、「郵便切手」の略で、郵便料を納付したことを証する証票をいいます。これは、手紙はがきなどの郵便物の発送の際に貼り付けられるもので、現在、日本では日本郵便が発行しています。その種類には、「普通切手」や「特殊切手」、「ふるさと切手」などがあり、また普通切手には、金額別の切手の他に、慶事用や弔事用の切手も用意されています。

ちなみに、世界で最初の全納方式の郵便切手は、1840年に英国で発行された「1ペニー切手(通称:ペニーブラック)」だそうです。