カニミソ

【読み方:かにみそ、分類:寿司】

カニミソ(蟹味噌)は、蟹(カニ)の中腸腺(中腸に付属する消化腺)を食材として扱うときの呼称をいいます。これは、カニの甲羅(頭胸部の背甲)を剥がした時に見られる茶色から濃緑色の味噌状(ペースト状)のもので、カニやエビなどの節足動物の肝臓・膵臓の役割を果たしている器官(内臓)であり、カニの脳味噌ではありません(その名前の由来は、形状が味噌に似ていることから)。

一般にカニミソは、栄養価が高く、珍味や高級食材として扱われており、茹でガニや蒸しガニなどでカニ肉と共に食されるほか、カニ肉等から分離した形でも食材として用いられています。例えば、食材としては、寿司(軍艦巻)にして食べたり、そのままご飯に掛けて食べたり、酒の肴として食べたりします。また、その種類については、ケガニのものが最も美味とされ、他にはズワイガニ・ガザミ・上海蟹などが好んで食べられます。