上方漫才

【読み方:かみがたまんざい、分類:概念】

上方漫才は、関西圏の漫才のことをいいます。また、漫才とは、主に二人の芸人が滑稽なこと(ボケツッコミのおかしな問答)を言い合って、客を笑わす寄席演芸(話芸)のことをいいます。

一般に上方漫才は、今日の漫才の本元(本流)であると言え、毎年、NHK上方漫才コンテスト(NHK大阪放送局主催)や上方漫才大賞(1966年にラジオ大阪が設立した賞で、現在は関西テレビ放送と共に主催)などが開催され、上方の漫才を育成・評価(表彰)しています。

なお、主に関西圏(大阪や京都など)で活動している芸人のことを「上方芸人」といい、その中から上方漫才の新星が毎年生まれています。