御節料理(おせち料理)

【読み方:おせちりょうり、分類:日本料理】

おせち料理は、「御節料理」や「お節料理」とも表記され、新年の正月に食べるお祝いの料理をいいます。これは、めでたさを重ねるという意味で縁起を担ぎ、重箱に詰めて出されることが多いです。また、その中身としては、煮しめ、昆布巻、ごまめ、きんとん、かまぼこ、数の子、なます、伊達巻などが伝統的なものとして挙げられますが、今日では地方(地域)や家庭によって様々となっています。

元々、本用語の「おせち」とは、暦上の節句のことを指し、日本では古代より、季節の変わり目とされる節句の日に、神に供え物をし、宴を開くという宮中行事が行われており、その時に出されていた料理が「御節供料理」と呼ばれていました。そして、この行事が江戸時代頃に庶民の間にも浸透し、やがて節句の一番目にあたる正月の料理を表す言葉として使われるようになりました。

なお、「おせち料理(御節料理)」という呼称になったのは、昭和時代の中頃(第二次世界大戦後)に、デパートで御節供料理を「おせち料理」という名称で販売したことに由来するそうです。

<おせち料理の伝統的な献立の意味>

●祝い肴三種

・黒豆:一年中まめ(元気、勤勉)に働けますように
・数の子:子孫繁栄となりますように
・田作り:豊作でありますように

●口取り

・紅白蒲鉾:おめでたい
・伊達巻:華やかと発展
・栗きんとん:豪華さ
・昆布巻き:よろこぶ

●酢の物

・紅白なます:おめでたい

●焼き物

・海老:長寿の象徴で長生きできますように

●煮物(煮しめ)

・里芋:子宝に恵まれますように
・レンコン:先を見通せますように
・くわい:出世できますように
・ごぼう:地にしっかりと根を張れますように