束縛

【読み方:そくばく、分類:恋愛】

束縛は、国語辞書では、「まとめてしばること、行動に制限を加えて自由を奪うこと」を意味します。これは、恋愛においては、自分の不安や嫉妬などの感情から、相手の予定や行動などを常に監視したり、制約を付けたりすることなどを指します。また、これが行き過ぎると、相手の心理的な圧迫感が限界に達し、破局を迎えることもよくあります。

一般に束縛は、恋愛においては、相手とある程度付き合ってみるまで分からないため、束縛傾向がある相手に対しては注意した方がよいでしょう。特に結婚を考える際には、将来の家庭での日々の束縛感は精神的なストレスや重荷(圧迫感)になりますので。なお、結婚するまで本性や本心を出さない人も多いので、相手の性格等を本当に理解するには、結婚前の交際期間中に相手に遠慮せず、心と心を本音ベースでぶつけ合うことも必要かもしれません。

<本用語の使用例>

友達と会うと言っても、浮気を疑うほど、束縛が厳しかった
・元夫は異様なまでに亭主関白で、仕事を続ける私を恐ろしいほど束縛した