運命の人/運命の相手

【読み方:うんめいのひと、分類:結婚】

運命の人は、「運命の相手」とも呼ばれ、恋愛結婚において、出会うべきして出会う人のことをいいます。また、運命とは、超自然的な力に支配されて人の上に訪れる巡り合わせや、天命(宿命)によって定められた人の運のことをいいます。また、似たような用語に「ソウルメイト」があり、これは互いに深い精神的な繋がりを感じる大切な人物のことをいいます。

私たちが生きていく中で、いつか運命の人に出会えたら本当に幸せですが、現実的には中々難しいのも事実です。特に結婚については、将来的な生活設計(ライフプラン)もあり、運命よりは現実が優先されることも多く、それゆえ、「こんなはずではなかった!」ということがよくあるのではないかと思います。

なお、長い結婚生活を夫婦のどちらかが死ぬまでまっとうし、最後に一緒になれて良かったと思えたなら、それは「運命の人」に出会えたことになるのではないでしょうか?