パンナ・コッタ

【読み方:ぱんなこった、分類:洋菓子/イタリア菓子】

パンナ・コッタ(Panna cotta)は、イタリア語で「pannaは生クリーム」、「cottaは煮つめる」の意味で、生クリーム・牛乳・砂糖などを合わせて煮詰め、ゼラチンで固めたイタリアの家庭的なデザートをいいます。これには、ブランデーや果実、シナモンなどを加えるものもあり、バリエーションは100種を超えると言われています。一般に食感は、つるりとした口当たりで、食後のデザートとしてもすんなりと口に入りますが、生クリームがたっぷりと入っているので結構高カロリーといえます。

ちなみに、日本においては、バブル崩壊後の1994年頃にブームとなり、現在ではイタリアのドルチェ(スイーツ)の中では、ティラミスの次に知られています。