打たせ湯

【読み方:うたせゆ、分類:温泉】

打たせ湯は、「湯あんま」とも呼ばれ、上から落ちてくる温泉水で体を打たせる入浴法やその湯のことをいいます。これは、樋(とい)などから落ちる湯を肩や背などに当てて、凝りや痛みを柔らげるもので、温泉の温熱効果と水圧による刺激のマッサージ効果が期待されます(通常の入浴と異なり、局部的に高い水圧で体を刺激することで、打たせた部位の血行が良くなり、筋肉のコリを和らげることができる)。