ウェスタンブーツ/カウボーイブーツ

【読み方:うぇすたんぶーつ、分類:靴】

ウェスタンブーツ(Western boots)は、「カウボーイブーツ((Cowboy boots))」とも呼ばれ、米国西部のカウボーイの間で発展したロングブーツ(乗馬用の靴)のことをいいます。これは、乗馬の際に鐙(ステラップ)に足を通し易くするため、つま先を鋭い形状にし、また落馬の際に足を抜けやすくするため、踵が高く作られており、その起源は西部開拓時代に始まるそうです。

現在、ウェスタンブーツは、細めのつま先、ハート形の履き口、ミュールイア(らばんの耳)と呼ばれるプルストラップ、革全体に施されたレリーフや装飾的なステッチなどが大きな特徴となっており、また有名ブランドとして「トニーラマ」や「ジャスティン」などがあります。