ハーフブーツ/ミドルブーツ

【読み方:はーふぶーつ、分類:靴】

ハーフブーツは、「ミドルブーツ」とも呼ばれ、ふくらはぎぐらいまでの長さのブーツのことをいいます。これは、ショートブーツより長く、ロングブーツより短いもので、ブーツが切れるのがふくらはぎ辺りのため、脚が太く見えてしまいがちなことから敬遠する人も多いです。

一般にハーフブーツは、スカートやパンツとのコーディネートによってイメージが変わってくることもあり、履きこなしが少し難しいです。特にポイントとしては、脚を綺麗に見せることであり、例えば、濃いカラーのレギンスやスパッツは脚を細く見せる効果があるので、ハーフブーツとの相性は比較的いいようです。