ロンドンブーツ

【読み方:ろんどんぶーつ、分類:靴】

ロンドンブーツ(London boots)は、かかとの高い、厚底のロングブーツのことをいいいます。これは、ロンドンのミュージシャン(アーティスト)のファッションとして流行していたブーツが元になっており、1970年に東京・青山にある手作りの靴店・カルツェリアホソノの細野勝氏により考案・開発され、1970年代に流行しました。

一般にロンドンブーツは、底は厚めですが、ブーツ丈はあまり高くなく、ふくらはぎに届かない程度のものが多いです(中には派手な色柄でペイントが施されたものなどもあり)。現在、ブーツとしては、マイナーな存在ですが、一方でロックアーティストやコスプレ・レトロコーデのファッションアイテム等として、それなりに需要があるようです。