ザーサイ

【読み方:ざーさい、分類:漬物】

ザーサイ(搾菜)は、中国の代表的な漬物で、「ザーツァイ」とも呼ばれ、アブラナ科アブラナ属の越年草でカラシナの変種である搾菜の根茎を、香辛料(唐辛子、山椒等)や塩、酒などで漬け込んだものをいいます。これは、1900年頃に四川省で作られ、1930年頃から本格的に流通するようになった比較的歴史の浅い漬物ですが、今日では中国の食卓に欠かせないものになっています。

具体的には、塩抜きしてから刻んで薬味にしたり、ゴマ油で炒めて食べたり、酒の肴として食べたりします。特に日々の中華粥には欠かせない薬味であり、また中華まんや餃子の具などにも使われます。ちなみに、日本でも、中華料理の定食などで漬物としてよく出され、馴染みのあるものとなっています。