八宝菜/五目うま煮

【読み方:はっぽうさい、分類:中華料理】

八宝菜は、中華料理の一つで、「五目うま煮」とも呼ばれ、肉・海老・イカなどと数種の野菜を炒め合わせ、スープを加え、塩・砂糖・胡椒・醤油・酒などで味付けし、片栗粉でとろみをつけたものををいいます。一般に、その材料には、豚肉・鶏肉・ハムなどの肉類、エビ・イカ・アワビ・ナマコなどの魚介類、シイタケやキクラゲなどのキノコ類、白菜・チンゲンサイ・タケノコ・ニンジン・ピーマンなどの野菜類、茹でたギンナンやウズラの卵など様々なものが利用され、作り手によって異なります。また、八宝菜を御飯の上に乗せたものが「中華丼(中華飯)」であり、これは日本独自の食べ方です(中国にはない)。

なお、八宝菜の「八」は「8種類の」という意味ではなく「たくさんの」「数多くの」といった意味であり、必ずしも調理の際に8種類の材料を使う訳ではありません(多い場合も少ない場合もあり)。ちなみに、中国では、「八」は縁起の良い数字とされています。