リゾット

【読み方:りぞっと、分類:イタリア料理/米料理】

リゾット(Risotto)は、イタリア料理の一つで、雑炊風の米料理のことをいいます。これは、米(カルナローリ、アルボリオ、ヴィアローネ・ナノなどの中粒種米のうち大きめのもの)・ニンニク・ネギをオリーブ油やバターなどで炒めてから、スープを加えて煮たもので、そこに加える具には、魚介類・肉類・野菜・きのこ・チーズなどを使うことが多いです。一般にリゾットは、日本の雑炊と比べて、スープが少なめで、固めに仕上げるのが特徴となっています。また、調理の際には、米を洗いません。

ヨーロッパにおいて、イタリアはスペインと並んで米を生産する数少ない国の一つであり、リゾットはもともとイタリアで食べられてきた麦類の料理に、東洋(中東)から伝播した米を取り入れて生まれたものだそうです。ちなみに、有名なものに、牛または鶏のブイヨン、サフラン、骨髄、バター、パルミジャーノ・レッジャーノ(パルメザンチーズ)などで作った「ミラノ風リゾット」があります。