婚約

【読み方:こんやく、分類:結婚】

婚約は、結婚の約束を交わすことや、将来婚姻をすることを約束する契約のことをいいます。これは、当事者間の申込と承諾による互いの同意(結婚しよう、はい)だけで成立するもので、結納(婚約成立の印に両家の間で金銭や品物を贈ること)を取り交わしていることや同棲をしていることが要件ではありません。

通常、カップルが婚約をした場合、結婚に向かって双方が誠実に努力する義務があります。また、正当な理由もなく一方的に婚約を破棄されると、債務不履行として、婚約を破棄された人は相手方に対し、婚約不履行による損害賠償請求が可能です。ただし、その際には、婚約が成立していたことを立証する必要があり、その具体的な証拠として、婚約指輪や結納は有力なものとなるそうです。

なお、日本の民法では、婚約についての規定を設けていませんが、法律上は以下のような取扱いがなされています。

・婚約は、口約束でも成立する。
・婚約は、双方の合意により成立する。
・意思能力がある者がなした婚約は、有効である。
・婚約は、訴訟を起こして、婚約を強制させることはできない。
・婚約を破棄した場合、その損害賠償額を事前に取り決めることはできない。
・婚約を破棄した側の責任は、それが原因で生じた損害を賠償しなければならない。