同棲

【読み方:どうせい、分類:恋愛】

同棲は、正式に結婚していないカップル(男女)や同性同士のカップルが一つの家に一緒に住むことをいいます。これは、相思相愛の関係にある二人がプライベートもずっと一緒にいたいと考えた場合や、生活面での金銭的な合理性を考えた場合などの他に、結婚前のお試し期間として一緒に暮らしてみる場合もあります。

一般に同棲は、一つ屋根の下に一緒に暮らし、日々の寝食を共にすることから、相手の本来の性格や関心事項、生活スタイル、家事状況、金銭感覚、性癖などがよく分かります。また、結婚した夫婦より日常的にを交わすことが多いため、幸せな時は結婚生活より充実している場合も多いです。さらに、同棲を経ての結婚は、相手の本来の姿をよく知った上でのものなので、後でこんなはずではなかったという「相手を知らなかったことによるリスク」を回避することができます。

なお、同棲の一歩手前の状況に、恋人合鍵を渡すことで、恋人が自分の家にいつでも自由に出入りできる(いつでも泊まれる)状態にする「通い同棲合鍵同棲)」というものもあります。

<本用語の使用例>

彼氏との同棲は、恋愛において、大きなターニングポイントになる
・結婚する前に同棲することで、付き合っているだけでは分からないことが見えてくる
・同棲は、好きな人とずっと一緒にいられて幸せを実感できる一方、新鮮味が無くなって喧嘩が増え、破局してしまうことも多い