喜寿

【読み方:きじゅ、分類:祝い歳】

喜寿は、賀寿(年祝)の一つで、「喜の字の祝い(きのじのいわい)」や「喜の字の齢(喜字齢)」とも呼ばれ、数え年で77歳のこと、またその祝い(儀礼)をいいます。これは、本用語内の「喜」の字を草書体で書くと「十七」の上に「七」が付いたような文字で「七十七」に見えることから、77歳を意味するようになったそうです。

また、賀寿とは、長生きの祝い(長老の祝い、老年の祝い)のことをいい、その年齢により、還暦(61歳)、古稀(70歳)、喜寿(77歳)、傘寿(80歳)、半寿(81歳)、米寿(88歳)、卒寿(90歳)、白寿(99歳)、百寿(100歳)、茶寿(108歳)、皇寿(111歳)、大還暦(121歳)といった名前が付けられています(その慣習については、中世以降、特に近世に広まった)。なお、長寿の祝いには、お祝い色(基調色)が決まっており、喜寿を象徴する色は、高貴な色である「紫」となっています。

一般に喜寿は、日本人の平均寿命から達成する人は非常に多く、一昔前と比べて元気な人も多く、人生の一つの節目として、さらなる長生きと健康を祝して、お祝いやプレゼントをすることも多いです。ちなみに、仕来りについては、これといって無いようです。