玉緑茶/ぐり茶

【読み方:たまりょくちゃ、分類:日本茶

玉緑茶は、「ぐり茶」とも呼ばれ、茶葉が勾玉(まがたま)状になるように仕上げた緑茶をいいます。これは、製造工程の途中までは煎茶と変わりませんが、精揉(最後に形を細長くまっすぐに整える)工程がなく、回転するドラムに茶葉を入れ、熱風を通して茶葉を乾燥するため、撚れておらず、丸いぐりっとした形状に仕上がっています。また、渋みが少なく、まろやかな味わいも特徴となっています。

一般に玉緑茶は、九州北部から中部で作られており、中でも佐賀の嬉野が代表的な産地(嬉野茶)として知られています。