緑茶

【読み方:りょくちゃ、分類:日本茶

緑茶は、主として酸化(発酵)の少ない状態で作られるお茶(不発酵茶)をいいます。これは、製造の第一工程で、茶葉を蒸気または火熱を用いて熱し、茶葉中にある酵素を失活させて酸化を防ぎ、固有の緑色を保たせるように作られるもので、日本では日常的に飲まれるお茶となっています。また、加熱の仕方には、「蒸気で蒸す手法(蒸製)」と「釜で炒る手法(釜炒製)」の二つがあります。

一般に日本においては、茶の若葉を摘んで蒸し、焙炉の上でもみながら、葉の緑色を損なわないように乾燥させて作られる手法(蒸製)が主流(大半)となっており、煎茶玉露冠茶(かぶせ茶)番茶玉緑茶などが本手法で作られます。また、釜で炒る手法(釜炒製)で作られるものとしては、釜伸び茶釜炒り玉緑茶などがあります。

なお、日本で飲まれるお茶には、不発酵茶の緑茶以外に、半発酵茶の烏龍茶(ウーロン茶)、発酵茶の紅茶、後発酵茶のプーアル茶などもあります。