一番茶/新茶

【読み方:いちばんちゃ、分類:日本茶

一番茶は、「新茶」とも呼ばれ、その年の最初に生育した新芽を摘み採って作ったお茶(緑茶)をいいます。また、お茶を入れる時に、最初に湯を注いで入れたお茶を意味することもあります。その特徴として、若葉のさわやかで清々しい香りがあり、また二番茶三番茶に比べて、苦渋いカテキンやカフェインが少なく、旨みや甘みの成分であるアミノ酸が多い傾向があります。

一般に一番茶は、その後に摘み採られる「二番茶」や「三番茶」などと対比して使われることが多く、一方で新茶は、一年で最初に摘まれる「初物」や「旬のもの」といった意味を込めて使われることが多いです。