丼物

【読み方:どんぶりもの、分類:丼物】

丼物は、丼(どんぶり)に御飯を入れ、その上に具材を載せた料理の総称をいいます。これには、カツ丼天丼親子丼牛丼鰻丼など様々なものがあり、忙しい時に素早く食べられる便利な形態ですが、日本食の中では、それほど古い歴史を持っていません。というのは、基本的に日本食は、主食である御飯とおかずが別々に配膳され、それを一口ずつ口に運ぶという様式を基本としていたためです。

実際に今もある丼物については、鰻丼が19世紀初めに、深川丼が江戸時代末期に登場したと言われています。また、明治時代になって牛丼・開化丼・親子丼が登場し、大正時代になってカツ丼が登場しました。そして、今日では、様々な具材を使ったバラエティ豊かな丼物が食べられるようになっています。